女性に人気!シャツスタイル

多くの女性がスーツの男性に弱いようです。
確かにスーツの似合う男性、また、きっちり自分にあったものを着こなせている人を街で見かけると、誰よりもオシャレに見えたりします。
同じくシャツスタイルも女性に大人気の男性ファッションの一つ。
さりげなく見せる胸元や腕が異性のハートを虜にするようです。


でもシャツを着ていればだれでもそうなるのか?
それは違います。
着ている人、着ているシャツによります。
残念ながら。

着ている人は、シャツスタイルの雰囲気を活かせるようなヘアスタイルや身だしなみを心掛け、着るシャツはシワがなく、質感のよいものを選ぶことが大切です。

着るものについてはまずオーダーシャツが解決出来ます。
オーダーシャツのメリットは自分のサイズに合わせた最高の着心地にあります。
デザインや生地の組み合わせだけでもかなりの選択幅があり、大変魅力的ではありますが、なんといっても体型にあった一着を着るだけで、その人が輝いて見えるのです。

ぴったり過ぎてもゆったりすぎてもダメ。
きちんとプロに採寸してもらい、より自分好みな一着をカスタマイズする喜びがあります。
女性は男性のオシャレにとても敏感。
お眼鏡にかなう男になる為に研究してみましょう。

メンズファッションの足し算と引き算

知り合いのオーダーシャツ店店主さんとお話しする機会がありました。
ズバリ内容は『男のオシャレ』についてです。

最近は既製品を着るのが当たり前の世の中ですが、その中にあっても本物のを知り、
オリジナルの良さを追求する人がいることの大切さを語ってくれました。

「10代20代のメンズファッションは足し算。
30代からのメンズファッションは引き算なんですよね」


店主がそう仰っていたのがとても印象的。
よくよく考えるとまさにその通り。

分かりやすく渋谷の街を思い浮かべて下さい。
主に若者が集う街として知らない人は居ないこの街の男性ファッション。
奇抜でデザインに凝った衣服、アクセサリーや小物を強調したファッションが目立ちます。
若者特有のエネルギーがこのような足し算ファッションを生んでいるのでしょう。
しかし30代を越えると次第に“本質”“クオリティーが問われるようになります。
これは全てにおいて通じるものがあります。
例えば仕事。
新人で許されていたミスや非常識な振る舞いも、30代ともなればさすがに身について無ければアンバランスな人間と思われます。

オーダーシャツを作ること。
それはまさに究極の引き算ファッションだと仰られていました。
「シャツというシンプルな衣服に本質を求める。
その意味を知っている人は喜びもまた知ってるんですよね」と。

とあるご婦人のオーダーシャツ使い

普段使いで既製品シャツ、ちょっと特別な日や大切な会議や出張にオーダーシャツと、
ご主人のスーツコーディネートをしている奥様のお話しです。

「さすがに毎日の事でですから、安さと手軽さに負けてシャツのまとめ買いはしてしまいますね。
でも父が昔、着るものをよくオーダーしていたこともあり、そのクオリティーの高さや品質はよく分かっています。
ですからウチでは、特別仕様としてオーダーシャツを数枚持っています。
汗かき体質なので、特に夏場は襟ぐり黄ばみとの闘いです。
既製品に比べ、そこそこお値段のするオーダーシャツは、
さすがに不経済なのでどうしても既製品に頼らざるを得ないのですが、
おかげで着るものに無頓着なウチの主人でも、
既製品とオーダーシャツの違いは歴然だといつも言っています。
行きつけのオーダーシャツ店にリストが置いてあるので、二回目の注文は楽でしたし、
久しぶりに採寸取る時は体型の変化にも気付けて色んな意味で重宝しています(笑)」


仕事で忙しいご主人の身の回りをお世話する奥様の陰ながらの努力がしのばれます。
いざという時の勝負服として、オーダーシャツを準備するという愛情もなかなかのものです。
これからも夫婦仲良くしていただきたいものです。


ネクタイいろいろ

せっかく素敵なシャツをオーダーするなら合わせる小物にもこだわりたいところ。
シャツとのコンビネーションといえばやはりネクタイでしょうね。

毎日スーツを着るという男性はネクタイを数本持ち、
用途や気分に応じて使い分けている方がほとんどです。
ビジネスシーンではブルー系やイエロー系のネクタイが無難。
ストライプや細かいドットはどんな場にも使えるためいくつ持っていても役立ちます。

冠婚葬祭に使えるネクタイもそれぞれ持っておくと便利ですし、
華やかなパーティーシーンに映える個性的なネクタイがあるとぐっとおしゃれに見えます。

通常のネクタイはもちろんですが、
私服のシャツスタイルに合わせるなら蝶ネクタイも人気があります。
クラシックな印象が強い蝶ネクタイでしたが、
最近では若い男性やおしゃれな男性を中心に注目されており、
トラッド調の服装にもぴったり合うため多くの方に愛用されています。
女性受けがいいため合コンやデートにもおすすめですよ。

また、人と差を付けたい方にはループタイもおすすめ。
年配の方がつけている印象のループタイも、
うまく取り入れればスタイリッシュな装いになります。
シンプルなシャツを個性的に演出するネクタイ選びを楽しみましょう。

ネクタイいろいろ(その2)

上記したように、ビジネスマンの多くは毎日のスーツに合わせてネクタイを
複数の中から使い分けている方がほとんどだと思いますが、
そんなネクタイの色は、どのような心理学的効果があるのでしょうか。
一般的な4色を調べてみました。

まず、青は人の感情を落ち着かせて相手に信頼感を与える色だそうです。
ただし、色が濃いものは厳格な雰囲気を出す効果があるので、会う人に
近寄りがたい印象を与えてしまうことも。
赤は前向きな気持ちを高める色で、積極的に自分の主張をアピールしたい時に
使うと効果的。アメリカ大統領選挙で、赤いネクタイが使われているのは有名。
次に黄色ですが、見る人に明るい印象を与え判断力をあげる効果もあるそうです。
相手とのコミュニケーションを円滑にしたい時や、ユーモアを要する
プレゼンの場などに良いでしょう。
そして、調和を連想させる茶色は心を落ち着かせる色なので、堅実さを
求められる場面や、着実に進めたい商談の時などに使うと効果的です。

お気に入りのオーダーシャツも、ネクタイによって人に与える印象は
大きく変わります。色の効果も考えて合わせたいですね。

ボタンとステッチ

オーダーシャツを作る楽しみといえば、
サイズがフィットしているものを作るのはもちろん、
デザインやディテールも自分好みにアレンジできるという点が挙げられます。

シャツのデザインは多くのバリエーションがあるわけではありませんが、
襟や袖、タックなどの細かい部分を組み合わせることでかなりのパターンがあります。
体型にぴったりのものを選ぶことで、より動きやすくより長持ちするようになります。

また男性は意外とあまり気にしないのですが、
ボタンやステッチの糸の色も大きなポイントとなります。
ビジネスシーンできっちりとしたシャツをオーダーする場合には、
シンプルな白のプラスチックなどのボタンと白い糸を使うのが無難ですが、
ちょっとおしゃれに見せたいときには艶のある貝ボタンがおすすめ。

少しカジュアルなシャツでもOKならばステッチをカラフルにするなどの遊びを持たせるのもテクニックです。
白いシャツに薄めのピンクの糸を用いればさわやかでかわいらしいイメージになり、
女性受けも抜群で好印象を与えることができます。
引き締め色であるネイビーや黒を使うとシックながらもカジュアルさを忘れない雰囲気に。
ボタンを留める糸の色だけを変えるのもおすすめです。


オーダーシャツに黄ばみを見つけたら

近年、クールビズがすっかり一般的になりました。
別章にも書いたように、クールビズの季節においては、ワイシャツを選ぶ際に
汗の目立たない色にしたり、汗吸収率の良いインナーを選んだり、みなさんいろいろな
工夫をされているかと思います。

でも、毎日洗濯していてもついてしまうのが黄ばみ。
せっかくふんぱつしたオーダーシャツに黄ばみを見つけたら、どう対処すればよいでしょうか?
そこで、家庭内にあるものでの対処法をご紹介したいと思います。

1:食器用洗剤
襟の黄ばんだところに洗剤をつけてもみ洗いをして、ゆすいだら普段通り洗濯機へ。
油汚れを落とすものなので、人間の皮脂にも有効。

2:クレンジングオイル
汚れた部分にクレンジングオイルをつけて、もみ洗いをしてお湯でよくゆすいだら、普通に洗濯。

3:重曹
先に酸素系液体漂白剤を2、重層を1の割合で混ぜ合わせておきます。
次にワイシャツの襟や袖口を濡らし、使い古しの歯ブラシに重曹と漂白剤を混ぜたものを塗ります。
そして塗ったところにすぐ、アイロンのスチームかドライヤーの熱を当てます。
あとは軽く水洗いをして、普通に洗濯機で洗濯。

黄ばみの原因は、人間の体から出る皮脂が酸化してできたもので、油なので冷たい水で洗濯しても落とし切れません。

夏のシャツたちは、毎日相当な量の汗を吸っています。
大切なオーダーシャツだからこそ、長く着るためのケアをしてあげたいものです。

ボタンホールの謎

オーダーシャツでこだわりポイントのひとつとして、ボタンがありますね。
その並んだボタンホールをよく見ると、一番上と一番下のホールだけ
横に切れていることを、皆さんご存知ですか?
オーダーシャツを作る際に、店員さんに説明されてご存知の方もいるかと
かと思いますが、もちろんここには理由があります。

まず一番上の台襟ボタンは、他のボタンに比べて負担がかかるので
縦方向の力に強くしているそう。さらに、片手で開け閉めがしやすい
ようにと考えられているからだそうです。他のボタンより若干小さめの
ボタンを使うのもこのためです。
そして、一番下のボタンは、同じく開け閉めのしやすさを考えてのことと、
ズボンの中にシャツを入れる際に左右の前身ごろをズレにくくするため
なのだそうです。

それなら全てのボタンホールを横に切ればいいじゃない、と思ってしまい
ますが、それだと上下に動く遊びがなくなってしまうので、ボタン同士の
間隔に隙間が出来やすくなってしまうらしいです。

昔から改良を重ねた結果なんですね。よく考えられています。

ちなみに、一番上の台襟ボタンですが、シャツの「第一ボタン」というと
このボタンのことではなくて、そのすぐ下のボタンから第一・第二と
数えるそうです。へ〜〜〜〜〜(笑)