大人の私服とは

大人の男性は私服の着こなしにだってこだわりたいもの。
いつもはびしっとスーツを着ている反動で、私生活では楽であることを第一に考えて服を選んでしまってはいませんか?
ビジネスの場でないので堅苦しく考える必要はないですし、
よれよれの服を着ていても誰かに迷惑をかけたり評価に響いたりすることもありません。
そのため私服は日頃の意識や姿勢が顕著に表れるといってもいいでしょう。

カジュアルな私服が好みの方はゆったりとしたものを選んでいると思います。
Tシャツやコットンのシャツ、スウェットなど、肌触りがよく扱いやすい服は年中重宝するものです。
だらしない印象を与えないためにはシワやヨレを気にすること、
全身がゆったりしすぎたシルエットになってしまっていないかを確認することの2点に気を付ければOK。
素材に清潔感があればラフな格好でもきちんとして見えるものですし、
どこかを引き締めていれば印象も締まって見えます。
メリハリを意識するといいでしょう。

また服の質にこだわることも大切です。
まずは一点豪華主義でひとつのアイテムのみ本当にいいものを取り入れるようにしましょう。
全体を平均的に可も無く不可も無いような価格帯のもので揃えるよりおすすめです。

黒い服に注意

あまり私服にこだわりを持たない男性がつい選んでしまいがちなのが黒い服。
黒は大人っぽくシックに見えることから、誰にでも似合いやすく比較的無難な色です。
目立たないためあまり洋服の数を持っていなくても、
「また同じものを着ている」と認識されにくい便利な色でもあります。

ですがなるべくなら黒を着るのは最小限にとどめたいもの。
いつも黒を着ていると他の色を着たときに自分でしっくりこず、
なんだか派手に感じて結局また黒ばかりを着ることになってしまいます。

今まで黒をよく着ていた人はまずグレーやネイビーを取り入れるようにし、
その後カーキやベージュといったオーソドックスな色に挑戦してみましょう。
差し色として明るい色のアイテムを使うのもおすすめです。

黒の服を着る場合には「どのような黒なのか」を意識することが大切です。
ただ黒といっても黒にはいろいろな表情があります。
手持ちの黒い服を比べてみると、
赤っぽい黒、緑っぽい黒、黄っぽい黒などあることがわかるはず。
このテイストを合わせることで全体の印象がぐっと引き締まります。
また黒は生地の質が伝わりやすい色です。
何度も着ているくたくたの服はより安っぽく見えるため注意しましょう。

春は色を使って

もうすぐ春です。
デパートやファッションビルなどに行くと、女性ものの華やかな色遣いの洋服がたくさんディスプレイされています。
見ているだけで春らしさを楽しめますが、せっかくだったら男性も季節感を取り入れたいものです。

女性の洋服ほどには色のバリエーションがない大人の男性の服ですが、
シャツや小物といったアイテムから明るい色を取り入れてみるといいと思います。
あまり色物に慣れていない方は面積の小さなものから始めるといいでしょう。
例えばカーディガンやジャケットを羽織る場合のインナーとしてのシャツやポロシャツなど。
ピンストライプの線をピンクやブルーにするのもおすすめです。
慣れてきたら赤やグリーンといったはっきりした色に挑戦するのもいいでしょう。
同じ赤に分類される色でも、トーンによって印象が大きく変わります。
自分に似合う色を見つけることが大切です。

春には黒やグレーは卒業しましょう。
シックにしたい場合にはネイビーがおすすめ。
引き締めつつもさわやかな印象になります。

女性とのデートの際はカーキや濃いベージュ系、また白もいいと思います。
色鮮やかな女性の春らしい装いを引き立てるつもりで服を選びましょう。
小物で差し色をすると遊び心が加わってワンランク上のコーディネートになります。

デートの私服

私服を一番かっこよくコーディネートしたいとき、
それはやはりデートの日ではないでしょうか。
素敵な女性や大切な彼女との休日のデートは、
仕事帰りのデートとは違う特別なものです。
お互いに私服だと距離が縮まりやすく、
相手の好みや趣味がわかる機会でもあります。

付き合いが長い場合はすでにお互いがある程度理解できているのでいいのですが、
交際が始まって間もない場合や知り合ったばかりの場合など、
まだお互いに探り合っている状態のときは私服にも注意が必要です。
せっかくスーツでびしっと決めているときに仲良くなった女性でも、
私服が残念だとがっかりされてしまいそれ以上の進展ができないということも。
女性はこっそりとチェックするのが得意ですから、
デート前には細心の注意を払って洋服を選びたいものです。

デートだからといってあまり張り切り過ぎるのも逆効果です。
華やかな女性を引き立てるように、シンプルな服装を心掛けると無難です。
仕立てがよく、清潔感のあるものを選ぶことでぐっと大人の男性としての魅力が増すはず。
ボタンホールなどが少しこったシャツを選ぶと印象的になります。
アイロンをかけることを忘れず、後ろ姿もしっかりチェックしてくださいね。

足元のおしゃれ

私服の男性を見ていると、足元が適当になってしまっている人が多いようです。
いつも同じスニーカー、磨いていない革靴、なんとなく選んだであろう靴下…。
自分で鏡を見たときにほとんど映らないからか、足元は手抜きになってしまう人は少なくありません。
ですが「おしゃれは足元から」という言葉がある通り、私服をかっこよく着こなしている人は足元も抜かりなくおしゃれです。

ドイツやイタリアでは洋服よりも靴にお金をかける風習があります。
また、有名ホテルや高級レストランなどでは靴を見て客を判断することも。
靴や足元にも気を配り、いつ誰に見られてもいいよう、またどこへ行っても恥ずかしくないようにしておくのも一人前の大人の男性の着こなしと言えます。

スニーカーやデッキシューズなどを履く場合には汚れや紐に気を付けましょう。
清潔感があればカジュアルな靴でもぐっとクラス感が増します。合わせる靴下は厚みや色柄にこだわりましょう。

革靴の場合にはきちんと磨くことが大切です。
専用のブラシやクリームで手入れをし、時にプロにケアを任せるのもおすすめです。
お気に入りの靴でも毎日履くのではなく、長くきれいに保つためにも一日履いたら一日休めるようにします。

流行はほどほどに

かっこよく見られたい、というのは誰もが思うことですが、
大人になると流行のファッションを追うよりも自分らしさを持っていることが大事です。
仕事中はスーツだから私服のときくらいはおしゃれを楽しみたいものですが、
だからといって流行っているもので全身コーディネートするのはそろそろ卒業するべき。
本当におしゃれならばモデルやタレントのように着こなすことでかっこよく見えますが、
「流行っているものをとりあえず組み合わせた」「店員さん任せのコーディネート」ではなんだかちぐはぐになってしまいます。

少し前にカーディガンを肩にかける「プロデューサールック」が流行りましたが、
あのファッションは30代後半以上の方にとっては懐かしいものだったはず。
また自分のファッションの時代が来た!とばかりに様々な年代の方がニットやカーディガンをかけていましたが、
同じ服装をした若い学生と街ですれ違ったらきっと気恥ずかしい気持ちになったはず。
流行は繰り返すものですが、その時代によって様々な変化をしています。
若いうちは流行を追い求めるのも楽しいですが、
大人になればすぐにすたれる流行よりも長く愛着を持って使える、質のいいものを選ぶようにしたいところです。